ポケットWiFiのセキュリティ

通信は暗号化されている

ポケットWiFiを使用するにあったってセキュリティ面は大丈夫なのか気になる人もいるでしょう。屋外で使用するということもあり、自宅で光回線を使用するとき以上にセキュリティを重視したいところです。

そして、ポケットWiFiでは、通信が暗号化される仕組みになっています。そのため、ポケットWiFiの電波が届く範囲内にいる人から、通信内容を見られてしまうことはありません。

それと併せて、タダ乗りされてしまわないかどうかも気になる人が多いでしょう。タダ乗りされると、通信容量が減ってしまいます。犯罪などに悪用されてしまうこともあるかもしれません。

通常ポケットWiFiではSSIDを選択してパスワードを入力しないと接続できない仕組みです。逆に言えば、パスワードが分かると勝手に接続してタダ乗りできてしまいます。そのため、パスワード管理はしっかりしておきましょう。

ポケットWiFiそのものは、安全に使用できるようになっています。そのため、基本的なセキュリティ対策ができていれば安心して使用できます。

セキュリティ確保のためにやっておくべきこと

ポケットWiFiのセキュリティを確保するためには、ファームウェアの更新などをこまめに確認しておく必要があります。ファームウェアというのは、ポケットWiFiの端末に組み込まれているソフトウェアのことです。

セキュリティに関するデータもファームウェアに組み込まれています。そして、ファームウェアは定期的に更新されており、アップデートが必要です。アップデートしないと、危険に晒される可能性があります。

また、ポケットWiFiに接続するデバイスの方でも、セキュリティ対策が必要です。いくらポケットWiFiのセキュリティが堅牢でも、デバイス側でセキュリティ対策がなされていないと、マルウエアに感性するリスクが高まります。そのため、デバイスにセキュリティ対策ソフトを入れておくようにしましょう。

そして、怪しいサイトにアクセスしたり不審なURLのリンクを踏んだりしないことが何より大切です。SNSなどで不審なサイトに誘導する例などもあるため、リンクを踏む際には十分注意しましょう。