ホームルーターと光どっちがいい?

手軽なホームルーター

工事不要で利用することができるとして人気の「ホームルーター」。

モバイル回線でネットに接続することができる据え置きタイプのルーターで、コンセントにさして置いておくだけで利用することができます。そのため「おくだけWi-Fi」とか「さすだけWi-Fi」などと呼ばれることもあります。

ホームルーターは光回線を利用するのと比べて、かなり手軽に利用を開始することができるのが魅力です。とはいうものの、実際に自宅などでインターネットを利用する場合は、光回線とホームルーター、どちらを利用するのが良いのでしょう?

光回線とホームルーター、どちらもそれぞれのメリット・デメリットがありますから、それらを比較してみて、自分にあったほうを選びたいものです。

自分に合うのはどちら?

まず、光回線のメリットとしては、なんといっても通信スピードの速さや安定性などが挙げられます。

プロバイダも多く、さまざまな特典があるほか、マンションなどの集合住宅で利用する場合には、回線をシェアすることができるため、戸建住宅よりもお得な費用で利用することもできます。

ホームルーターのメリットは、とにかくすぐにインターネットが利用できたり、他の住所でも利用ができるなどのメリットがあります。

ただし、光回線と比べるとどうしても通信速度は遅く、通信も不安定になりがちです。コンセントのある場所であればどこでも利用できるのがホームルーターの魅力ですが、場所によっては通信が不安定になる場所もあるので注意が必要です。

ただし、ホームルーターそのものがルーターの役割を果たしてくれるので、光回線を利用する場合のようにオプションプランでルーターをレンタルしたり、自分でルーターを用意する必要はありません。

まとめてみると「気軽に色々な場所でインターネットを楽しみたい」という人にはホームルーター、「高速で安定したインターネットを利用したい」という人には光回線、光Wi-Fiが適していると言えます。

しょっちゅう引越しをする人や、家にいる時間が少なく、外でインターネットをすることが多い人の場合は、ホームルーターの方が利用頻度が高く便利でしょう。