光回線とWi-fiどっちが安い?

光回線とWi-Fi、モバイル回線

光回線、Wi-Fi、モバイル回線などなど、インターネット接続について考える時、これらの用語を耳にすることがあると思います。

ちょっとわかりづらいのですが、光回線はインターネット回線、Wi-Fiは光回線などのインターネット回線とつながって、端末に無線でインターネット回線を届けるための装置、モバイル回線は携帯電話の基地局の電波を利用するデータ通信といった特徴があります。

現状では、光回線を使用するインターネット通信がもっとも高速で安定したインターネット接続を楽しめると言われていますが、光回線そのものに有線接続する場合にはパソコンの置き場所が限られていたり、複数台の接続ができなかったり…となってしまうケースが多いので、たいていは光回線にWi-Fi機器を接続して「光回線のWi-Fi接続」という形でインターネットを利用します。

モバイル回線の場合は、外出先などでも接続できるWi-Fiを探してインターネットをすることができるので、外出が多い人などはとても便利です。

光回線は高いが場合によっては安くつく?

光回線を使用する場合には、はじめに光回線の引き込み工事を行わなければなりませんし(マンションなどではじめから光回線が引き込まれている住宅の場合は工事不要)、回線を引き込んだあとも月額利用料が数千円、Wi-Fiルーターのレンタルと込みの料金で5000円以上はかかってしまうのが一般的です。

なお、光回線の月額使用料は、戸建住宅よりもマンションの方が若干安く設定されている場合がほとんどです。モバイル回線の場合は、戸建・マンションに関わらず、月額3000円程度で利用できとてもリーズナブルです。

ただし、モバイル回線は光回線と比べると速度が遅く、利用する地域や建物の構造などにより通信が不安定になることもしばしばです。場合によっては動画視聴などがスムーズにできない場合もあります。

また、提供するサービスによってはモバイル回線のデータ容量に上限が決められている場合も多いので、利用環境によっては光回線を利用した方が安くつく場合もあります。