Wi-Fiと光回線の違い

有線と無線という違い

インターネット通信を行う際に、よく耳にする「光回線」や「Wi-Fi」という用語。

どちらもインターネットに接続する際に必要なもの…という印象ですが、具体的にどこがどう違うのか?というとよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

光回線とWi-Fiの違いは、光回線が有線設備、Wi-Fiは無線ルーターの設置による無線設備である、という違いがあります。

光回線は、回線に直接端末を接続することでインターネット通信をすることができますが、Wi-Fiは、それ自体に通信回線が備わっているわけではありませんから、別途回線を契約して、契約した回線とWi-Fi機器を接続し、さらにWi-Fi機器から無線でパソコンやスマートフォンなどの端末にインターネット通信ができる環境を作り出す必要があります。

光回線をWi-Fiで使う

現状では光回線が最も早いインターネット通信を行うことができる回線と言われていますが、光回線をWi-Fiの無線ルーターに接続することで、Wi-Fiを使用した光回線の通信を利用することができるようになる…というわけです。

これは光回線に限らず、CATVなどの回線を使う場合も同様で、CATVの回線とWi-Fiルーターを接続、さらにルーターからパソコンなどの端末に無線接続、という形でCATVの回線をWi-Fiで利用する、ということが可能になります。

インターネット通信は、通信回線から利用する端末までの経路がシンプルであればあるほど早くなります。

そのため、光回線を有線で直接端末に引き込む場合は、Wi-Fiルーターを間に入れるよりも通信速度は速いです。

光回線にWi-Fiルーターを使用して無線で端末に接続した場合は、電波を受信する過程でロスが生じることがほとんどなので、光回線や光インターネットと呼ばれる通信環境と比べると、若干速度が遅くなったり通信が不安定になることがあります。

とはいえ、よほどのことがない限りはWi-Fiでも十分な通信環境は確保することができます。

光回線おすすめ50社